2007年11月アーカイブ

アロマセラピー入門の夕べ

| | コメント(0)

11月26日夜、十万山クリニックの2階で、「アロマセラピー入門の夕べ」を開催されました。

講師は、ギルフォード カレッジ オブ アロマセラピーの学長であるイネス多恵子さん。

アロマセラピーというと、マッサージがすぐ思い浮かびますが、単純なものではなかったです。
とっても奥が深そうです。
イギリスの風と共に、アロマセラピーの新しい世界を見せてくれました。

「たかが匂い、されど匂い。」

アロマエッセンシャルオイルの匂いは、嗅覚を通じ、脳へ直接働きかけ、
私たちの体のホルモン分泌など、命の働きそのものに作用すること。
アロマエッセンシャルオイルは、呼吸を通して、肺から直接血管に入り、作用すること。
アロマエッセンシャルオイルは、皮膚を通じて、リンパや血管に入り、命の働きに作用すること。
などなど、アロマセラピーは、医療の方法の一つであることを実感しました。

最後には、フェイシャルマッサージの実技指導もあって、
自分がどんどんきれいになっていくのを夢見ることができました。

多恵子さんには、天草をとっても気に入ってもらえたので、きっと、また来てくれると思います。
そのときは、またたくさんの方に、アロマの世界を味わってもらえたらなと思います。


イネス多恵子さんと院長


診察室で

今日こられたお母さん、
2番目のお子さんの予防接種を、
ついうっかり、忘れてしまっていたそうです。

今お子さんは3歳。

予防接種の制度が変わり、
麻疹風疹ワクチンは、
1歳から2歳までの間に1回目を受けることになっています。

この時期を過ぎて、接種希望されるときは、
自費になってしまいます。
料金をお知らせしたら、たじろぎされていました。

当然ですね。
突然の出費は、痛いです。

そのためにも、公費で受けられるときに、
忘れず予防接種してほしいと思いました。

11月14日は 世界糖尿病デーでした。
乳がん撲滅では、10月がキャンペーンの月で、ピンクリボンが象徴です。
糖尿病デーは、ブルーがアピールカラーになっています。
パリのエッフェル塔も、ブルーの電飾で飾られたとか。
10月のヤフーのトップページはピンクでリボンで飾られていましたが、
昨日のヤフーは特別ブルーには変わっていませんでした。
14日と限定せず、11月を、糖尿病撲滅月間にすればよかったのにと思います。

十万山クリニックが開院して、もうすぐ1年です。
昨日は、スタッフと食事会をしました。
1年、無事に過ごすことができたことを、皆で感謝しました。
自分たちの技術を磨き、心を磨き、利用してくださる方に、喜んでいただけるようがんばっていこう。
と、決意を新たにしました。
皆様、よろしくお願いします。

中体連

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、天草市で、中体連の駅伝大会が行われています。
クリニックの前の道路も、コースになっています。
外から、
「○○中の選手が通過します。応援お願いします。」
と、聞こえてきます。

心の中で、がんばれ~と応援しました。

今日は、風も強くなく、お天気でよかったです。

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。