2018年6月アーカイブ

2018年6月2日土曜日、病児(病後児)保育:保育と感染症をテーマに、第40回天草小児医療研究会が開かれました。

小児に関わる保育士さん、学校の先生向けに子どもの病気、特に感染症に関して学習する機会を、しまだ小児科島田先生が、作ってくださいました。

講師は、全国病児保育協議会常任理事の保育士 永野和子さん。
病児保育は、子供の権利を守ることであり、普通の保育は、病前保育をしている。
と、すごく腑に落ちたお話を聞くことができました。

医療は常に進歩しているので、保育士も、新しい知識や情報を進んで手に入れなければいけないとアドバイスしておられました。

ちょっと耳に痛いお話で、自らも振り返って、勉強し続けようと気づきをもらいました。

紹介されていたのは、保育所における感染症対策ガイドライン2018年改訂版。
病後のお休みすべき日数が、新しくなっていました。
今までの慣習で指導していたことを、このガイドラインに沿ってすることに改めました。


十万山クリニックにお休みをもらって、
屋久島へ行ってきました。

5月12日土曜日、屋久島縄文杉を見に行きました。
1日を振り返ってみました。

起床 3:00
宿を出発 3:30
バス乗車 4:10
荒川登山口 5:30頃
出発 5:48
小杉谷小中学校跡 6:40
山荘跡地 バイオトイレ 7:38
三代杉 7:41
屋久鹿に遭遇 7:49
仁王杉 8:27
翁岳を望む 8:39
トロッコ道終点 トイレ休憩 
大株歩道入口 出発 8:56 標高920m
1丁目、2丁目 急登が続く
3丁目、4丁目 やっと
ウイルソン株 9:27
 写真撮影休憩
 リュックを置いていくチョイスあり
傾斜が増して、岩と階段が続く
大王杉 11:03
 立ち止まらず歩きすぎてと指示看板あり
世界自然遺産地域に入る 11:07
夫婦杉 11:08
子宝杉 11:19
縄文杉展望台への階段が見える 11:40
展望デッキ到着
縄文杉と対面 11:41
 白く霞んで はっきりしない
 本当にあれが縄文杉なの?
展望台デッキの端に荷物をおろした
 みんな互いに記念撮影
 ガイドさんにも集合写真を撮ってもらった
まず南側展望デッキの階段を上がり、左側から縄文杉を見る
 太い幹は白くささくれだっていて、頬の膨らんだ顔が突き出している
右側の北側展望デッキへ移動 階段を降りて登って 11:54
みんな満面の笑顔で集合写真 11:59
すぐ手前で汲んだ縄文杉の水で喉を潤す 12:04
縄文杉に別れ 12:06
屋久猿に遭遇 12:18
キスしてる杉? 違うんだ 12:46
階段が続く 12:50
再びウイルソン株 休憩 13:43
翁杉 13:58
大株歩道入口まで降りた トイレ休憩 14:23
トロッコ道 続く しりとりする
雨が降り出す 休憩所で一息 水汲み場あり 16:17
荒川登山口到着 17:04


20180512縄文杉で.jpg

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。