ガイドライン他の最近のブログ記事

<病原体・毒素>
赤痢菌は大腸粘膜細胞内に侵入増殖し、化膿性炎症を起こす。
4種類の血清型と代表例
A 群:Shigella dysenteiae (志賀赤痢菌)
B 群:S.flexneri (フレクスナー赤痢菌)
C 群 :S.boydii (ボイド赤痢菌)
D 群 :S.sonnei (ソンネ赤痢菌)

<感染経路>
主な感染源はヒトであり、患者・保菌者の糞便、それらに汚染された手指、食品、水を介して直接あるいは間接的に経口感染する。
井戸水などによる水系感染は大規模な集団発生をきたす。
非常に少量の菌で感染の成立が可能。
家庭内での2 次感染率は40 %に及ぶ。
通常、成人の社会的な接触では感染しない。

<臨床症状>
感染は腸管局所にとどまり、腸管外感染はほとんど起こさない。
基本的には、大腸型の感染症。
大腸に到達する前に小腸にも影響を与え、小腸型の下痢を起こしてから大腸型の下痢を生じるとされる。
典型例では、全身倦怠感、悪寒を伴う急激な発熱で発症する。
発熱が1 ~2 日続いた後、水様性下痢、腹痛、膿粘血便、しぶり腹、などの赤痢症状が出現する。
自然治癒傾向があるため、重症例を除いて1 週間程度で症状は改善されるが、未治療の場合、排菌は1 ~3 カ月続く。

<検査所見>
白血球増加、赤沈、CRP の増加などの炎症所見がみられる。

<診断・鑑別診断>
確定診断は糞便培養からの菌検出による。検体は必ず、抗菌薬服用前に採取する。

<治療>
対症療法により全身状態の改善を、抗菌薬により除菌を図る。

☆対症療法のポイント
(1)細菌の体外排除を遷延させるため、強力な止瀉薬を使わない。
(2)病原菌の定着を阻止し、腸内細菌叢回復に有用とされる生菌整腸剤を併用する。
(3)解熱薬は脱水を増悪させる可能性があり、かつ治療薬であるニューキノロン薬との併用が好ましくない薬剤が多いことから、慎重に選ぶ。
(4)脱水は、程度の差はあれ急性胃腸炎では必発である。状況に応じて静脈内あるいは経口輸液を行う。

☆抗菌薬療法のポイント
(1) ニューキノロン薬あるいは、FOM の5 日間経口投与が第1選択。
治療期間3-5日間。
シプロフロキサシン(シプロ 800-1000mg/日 分2)
ST合剤 (バクタ)1錠を1日2回
(2)セフェム系薬は再排菌率が高いので使用しない。

<経過・予後・治療効果判定>
通常、1 週間程度で回復し、予後は良好である。
治療終了後48 時間以降24 時間以上の間隔で2 回糞便培養を行い、2 回連続陰性であれば病原体を保有しないとみなされる。

<2次感染予防・感染の管理>
手洗いの励行が基本である。
家族の検便は必要である。
ワクチンはない。

今回の災害では、神戸大震災の教訓(物資よりお金!)が役立たないようです。

 自治体機能が残っていた神戸と違い、今度の東北の災害では、自治体に忘れられた避難所が多数あり、救援の手が行き届いていないそうです。

 http://pressa.jugem.jp/?eid=213


日本ユニバ震災対策本部が、寒い被災者へ物資を送ってくださいます。


被災地で必要とされている物品の一覧が掲載されています。

支援の仕方については、下記を参照してください。

**********
1、実際に現地の方から の希望があるものです。上記の中でご用意いただけるものをご用意頂き、

  何を何個送ったか(届けたか)、必ずinfo@npo-uniken.orgにご連絡ください

  混乱を避けるため、必ずメールをください。

2、以下の受付窓口に、お送りいただくか、直接お持ちください。

【現時点の物資受付窓口】

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォーム1階

日本ユニバ震災対策本部 支援物資受付窓口(直接持ち込みは1階ウッドデッキ)







1、3関節以上の圧痛または他動運動痛
2、2関節以上の腫脹
3、朝のこわばり
4、リウマトイド結節
5、赤沈20mm以上の高値またはCRP陽性
6、リウマトイド因子陽性
以上6項目中 3項目以上を満たすもの

この診断基準に該当する患者は詳細に経過を観察し、病態に応じて適切な治療を開始する必要がある。

http://www.riumachi.jp/doctor/doc3/kijun/html/kijun_1_2.html

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちガイドライン他カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHP紹介です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。